大阪食品衛生協会は食中毒を未然に防ぐためのフォーラムの開催や、
食品関連業者の方々向けの研修会・講習会を行っております。
サイトマップ
認証施設の公表

大阪版食の安全安心認証制度

安全安心認証マーク 食の安全安心認証制度とは?

この制度は、消費者の食の安全安心を確保するため、飲食店や食品製造施設の事業者が日々行っている衛生管理、コンプライアンス等の取り組みを評価し大阪府の定める基準に一定水準以上ある施設を認証するものです。
当協会は大阪府から認証機関として指定を受け認証取得のための相談及び審査認証を行っています。

>>認証された事業者様はこちらで公表されます。

認証の仕組み
認証の仕組み
認証の仕組み
認証の仕組み

認証の対象業種

食品

■飲食店営業、喫茶店営業及び、食品を製造する営業(製品を同一施設内で販売する行為)
※但し、露天営業、自動車及び自動販売機による営業は除く。

■食品を製造する営業(製品を卸売りする行為を含む)大量調理施設(飲食店営業)
※大量調理施設とは同一メニューを1回300食以上、または一日750食以上提供する施設をいいます。

認証を受けるには

認証を受けようとする施設ごとに申請して下さい。
提出書類について
申請書 認証申請書
自主点検評価表の正本及び副本 飲食店営業
食品を製造する営業
添付書類 審査に要する書類
施設設備の図面
認証書(更新申請時のみ)
営業許可証の写し(許可を要する業種に限る)
手数料について(営業の形態等により下表のとおりです)
■飲食店営業、喫茶店営業及び、食品を製造する営業(製品を同一施設内で販売する行為)
※但し、露天営業、自動車及び自動販売機による営業は除く。
  会 員 非 会 員
認証申請手数料 18,000 25,000
認証更新手数料 17,100 23,750
認証再審申請手数料 13,700 19,000
認証書再交付申請手数料 3,530 4,580
■食品を製造する営業(製品を卸売りする行為を含む)、大量調理施設(飲食店営業)
※大量調理施設とは、同一メニューを1回300食以上、または一日750食以上を提供する施設をいいます。
  会 員 非 会 員
認証申請手数料 30,000 45,000
認証更新手数料 28,500 42,750
認証再審申請手数料 24,200 36,800
認証書再交付申請手数料 3,530 4,580
実地審査に係る交通費は実費とします。(当協会事務所を起点として算出)
納入された手数料はいかなる場合も返還しません。
本手数料は、経済状況により変更することがあります。
チェック

審査について

・書類審査:
自主点検評価表等関係書類の審査を行います。
・実地審査:
自主点検評価表等関係書類の実施状況について、施設の立ち入りを行います。

認証の可否の決定について

審査終了後、認証審査会において認証の可否を決定します。
認証できない旨の決定を行ったときは、その旨を通知します。

再審査申請について

認証できない旨の決定がされた施設であって、一定期間内に改善が完了したときは、関係書類を添えて再審査の申請ができます。この場合、別途再審査手数料が必要となります。

認証を受けてから

有効期間等について

@認証有効期間は、認証の日から2年間を経過した日の属する月の末日までとします。
A自主点検評価表に基づく記録を原則2年間保存して下さい。

認証申請書の記載事項を変更したときについて

届け出て下さい。

認証書の交付について

認証決定通知を受けた当該施設には、認証書及び、認証マークプレート、認証マークの電子データ(必要とされる事業所のみ)を交付します。認証マークは掲示するなど適正に使用して下さい。

履行状況の確認について

認証を受けた事業者は、認証の日から1年経過後に、自主点検の履行状況を報告して下さい。

改善請求について

履行状況の確認等により、認証基準不履行等不備が認められたときは、書面で改善を求めます。

認証の取り消し

(1)次の各号のいずれかに該当するとき認証が取り消されます。

@ 申請内容に虚偽が判明したとき。認証の取り消し
A 認証基準の不履行が判明し、期間を定めて改善を求めても、改善がされないとき。
B 食品衛生法第55条及び、第56条の処分を受けたとき。
C 悪質な法令違反を犯したと認められるとき。
D 認証マークを不正使用したとき。 

(2)認証を取り消すときは、当該事業者に認証取消し書を交付します。

(3)認証を受けた事業者が前(1)項のB号に該当したときは届け出て下さい。

(4)認証を受けた事業者が前(2)項の規定により認証を取り消されたときは、速やかに認証書を返納して下さい。

認証の辞退等をされる場合

次の各号のいずれかに該当するときは、承認書を添えて速やかに届け出て下さい。

@ 認証を受けた施設について廃業、または廃止したとき。
A 自ら認証を辞退しようとするとき。

苦情や異議がある場合

認証に対する異議があるときは、その旨を申し出て下さい。

秘密保持義務について

当協会及び、その従事職員等は、認証業務に関して知り得た秘密は漏らしません。

その他

その他の事項並びに詳細については、当協会にお尋ね下さい。

【認証機関先】

公益社団法人大阪食品衛生協会
場所:
〒541−0044
大阪市中央区伏見町二丁目4番6号
連絡先:
公益社団法人大阪食品衛生協会 事務局
電話 06−6227−5390
FAX  06−6232−0417
▲ページのトップに戻る
〔公益社団法人 大阪食品衛生協会〕
住所:〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-4-6 大阪薬業クラブ5階 / 電話番号:06-6227-5390 / FAX: 06-6232-0417
Copyright(C) Osaka Food Hygiene Association. All right reserved.